🔒【試打評価】AKB48 勝利の女神 (京楽)

2年ぶりにスロットでのシリーズ第3段となる最新作が登場。AKB、NMB、HKT、SKEと登場メンバーが大幅に増えた本機だが、導入すべき新台か試打してきた。

(C)AKS, (C)KYORAKU

 

<ボーナス>
ボーナス非搭載のART特化タイプ

 

<確率&出玉率>
■ART初当たり確率
設定①:1/395
設定②:1/386
設定③:1/358
設定④:1/347
設定⑤:1/318
設定⑥:1/294

■出玉率
設定①:97.5%
設定②:98.1%
設定③:100.8%
設定④:103.9%
設定⑤:107.2%
設定⑥:111.4%

 

<通常時>
ベース:46G/50枚
コイン単価:2.6円(設定①)
天井:999G

■48CHANCE(自力CZ)
4種類のCZ
強 48秒物語
↑ 参戦モード
↓ 推しメンモード
弱 スタンバイモード

■じゃんけん大会(3択チャレンジ)
押し順正解でART+ポイント上乗せ特化ゾーン突入
発生確率:通常時約1/2000、ART中約1/400

 

<ART>
純増2.0枚/G
ポイント上乗せタイプ

■勝利の女神(通常ART)
1セット30G
チャンス役などで「推しポイント」獲得

■勝利の女神総選挙(継続ジャッジ)
5G継続
7種類から選ばれたランクに必要な「推しポイント」が貯まっていればART継続。
①アップカミング女神:200Pt消化
②フューチャー女神:150Pt消化
③ネクスト女神:100Pt消化
④アンダー女神女神:50Pt消化
⑤女神選抜:0Pt消化(継続確定)
⑥女神セブン:0Pt消化(継続確定)
⑦女神センター:0Pt消化(継続確定&チャンス役確率UP&上乗せ数2倍)

■熱狂LIVE ZONE(上乗せ特化ゾーン)
1セット3G、推しポイント上乗せ特化ゾーン

■推しRUSH(上乗せ特化ゾーン)
3G+α、推しポイント上乗せ特化ゾーン

 

<感想>
筐体は、前作のAKBと同様のものだが、筐体右側のサプライズレバーが無くなり、その場所に大きめの縦型サブ液晶(パチンコの必殺仕事人のサブ液晶と同様の大きさ)が搭載されている。液晶演出の出来は前作と変わらないが、AKB、SKE、NMB、HKTから総勢100名が選抜メンバーとして登場し、楽曲も45曲と、スケールが大きく進化していた。

スペックは純増2.0枚のART特化タイプ。

千円ベース、初当たり確率、天井、出率など非常にオーソドックスな設計値だ。ART継続の仕組みが特徴的。ART中に「推しポイント」を貯めて、そのポイントに応じてARTが継続するかどうかジャッジする仕組みだが、

これより先は、有料会員の方のみご覧いただく事が出来ます。
すでに会員の方→ログイン
会員登録がまだの方→新規登録