🔒【試打評価】ブラックラグーン3 (七匠)


少数だが熱狂的ファンが多いブラックラグーンシリーズの第3弾が、今回はスパイキーを買い取ったフィールズの自社ブランド七匠から登場する。年末年始の営業に必要な新台なのか、試打してきた。

(C)2006,2010 広江礼威・小学館/BLACK LAGOON製作委員会 製造元/株式会社七匠 総発売元/フィールズ株式会社, (C)NANASHOW

 

<ボーナス>
■SBB:256枚
■NBB:152枚
■REG:56枚

 

<確率&出玉率>
■BIG合成確率
設定①:1/485
設定②:1/452
設定③:1/423
設定④:1/366
設定⑤:1/317
設定⑥:1/284

■REG確率
全設定:1/551

■ART初当たり確率
設定①:1/599
設定②:1/594
設定③:1/589
設定④:1/572
設定⑤:1/556
設定⑥:1/541

■出玉率
設定①:97.4%
設定②:98.9%
設定③:100.6%
設定④:104.0%
設定⑤:107.1%
設定⑥:112.3%

 

<通常時>
ベース:34G/50枚(設定1)
コイン単価:3.13円(設定1)
2000枚OVER率:約71.9%
天井は無し

■スカルシステム(前兆)
突入すればCZ or ARTの前兆に。
スカルシステム中のボーナスはARTに期待。
BIG成立で「デッド or アライブ(BIG最終ゲームで発生しART期待度約50%)」当選が確定
REG成立でCZ「ギャングスタバトル」当選

■ギャングスタバトル(自力CZ)
15G+α継続
期待度:40%

 

<ART>
純増1.4枚
G数上乗せタイプ

■ギャンスタパラダイス(通常ART)
1セット50G
バレットは約30Gに1回獲得
バレット満タン(8個)で、上乗せ性能5倍以上、期待値1500枚OVER

■ヘヴンズゾーン(ヘヴンズラッシュ高確率)
継続G数:10 or 20G
ヘヴンズラッシュ期待度:30%以上

■べヴンズラッシュ(上乗せ特化ゾーン)
突入契機:ART中のBAR揃い
上乗せループ率:約80%(1回保証)
上乗せ発生率:約1/1.7 の3G継続STタイプ

■べヴンズラッシュ(上上位乗せ特化ゾーン)
ヘブンズラッシュと同様のST上乗せ
3ケタ上乗せ確率1/3.7

 

<感想>
筐体はニンジャガイデンと同じ下パネルも液晶になっている2画面タイプのドーナツビジョン。過去2作のブラックラグーンの液晶は小さめだったので、画面が大きくなったことで演出に迫力を感じた。お馴染みの拳銃型の役物は残念ながら搭載されておらず、その拳銃は映像として登場する。

スペックは純増1.4枚のA+ART。

5.9号機なので有利区間に突入しないとART抽選を行わず、非有利区間時が捨てゲームになりがちだが、本機では

これより先は、有料会員の方のみご覧いただく事が出来ます。
すでに会員の方→ログイン
会員登録がまだの方→新規登録