🔒【試打評価】美ラメキ(藤商事)


美ラメキ(藤商事)納品7/1~

藤商事から大ヒット機種の「沖ドキ」を意識した最新台が登場する。
5.9号機初の純増2.0枚ART特化タイプだが、導入する価値があるのか試打してきた。

 

<ボーナス>
疑似ボーナスのみのART特化タイプ
■ハイビスカスボーナス:約130枚(60G)+1G連BIG
■BIG:約130枚(60G)
■REG:約60枚(ベルナビ8回)

 

<確率&出玉率>
■ボーナス初当たり確率
設定①:1/373
設定②:1/359
設定③:1/344
設定④:1/325
設定⑤:1/303
設定⑥:1/273

■出玉率
設定①:97.2%
設定②:99%
設定③:100.8%
設定④:103.2%
設定⑤:106.2%
設定⑥:112.5%

 

<通常時>
ベース:47G/50枚
コイン単価:3.2円
天井は無し

 

<ART>
純増2.0枚/G

■初回引き戻しゾーン
ボーナス終了後32G以内の当選で常夏チャンスに移行

■常夏チャンス(天国状態)
引き戻し高確状態

■超常夏チャンス(超天国状態)
REG中の7セグ揃いからREG終了後に突入
継続G数:16Gor32G
引き戻し確定+1G連BIGストック超高確率
平均ストック:4.7個

■1500G確定モード
全ての初当たり時に継続ストック29個を抽選

■ロングフリーズ
BIG1G連3個以上+ボーナスストック10個以上+常夏チャンス確定

 

<感想>
筐体は「貞子vs伽椰子」と同じオーソドックスな上部液晶タイプだが、液晶部がパネルになっており、そこに沖ドキのようなハイビスカスランプが搭載されている。ハイビスカスの位置が「沖ドキ」よりも少し上に配置されているので、打っていて視界に入りにくく、ランプを見上げる必要があり疲れてしまった。

「沖ドキ」や「沖ドキトロピカル」の女の子キャラそっくりの“トコちゃん”という女の子キャラもパネルに描かれているが、これには節操がないと感じた。

スペックは純増2.0枚のART特化タイプ。

これより先は、有料会員の方のみご覧いただく事が出来ます。
すでに会員の方→ログイン
会員登録がまだの方→新規登録