【実戦レポ】A‐SLOT ツインエンジェルBREAK、初日に秋葉原で実戦

 

昨日、全国で導入初日だったサミーの新台「A‐SLOT ツインエンジェルBREAK」を聖地、秋葉原で、導入店の視察をかねて、実戦してきた。

まずは、スペックのおさらい。

スペックは、ノーマルA+RTタイプ。

 

■スペシャルBIG:最大311枚(RT期待度80%)
■ハイパーBIG:最大259枚(RT期待度80%)
■BIGボーナス:最大207枚(RT期待度50%)
■ミドルボーナス:最大103枚(RT期待度50%)

■スペシャル&ハイパーBIG合算確率
設定①:1/520
設定②:1/497
設定⑤:1/455
設定⑥:1/410

■BIGボーナス確率
設定①:1/482
設定②:1/468
設定⑤:1/443
設定⑥:1/420

■ミドルボーナス確率
設定①:1/443
設定②:1/431
設定⑤:1/400
設定⑥:1/364

■ボーナス合算確率
設定①:1/160
設定②:1/155
設定⑤:1/144
設定⑥:1/132

■出玉率
設定①:98.0%
設定②:99.5%
設定⑤:104.3%
設定⑥:108.1%

■エンジェルタイム(RT)
1セット30Gの現状維持タイプ
ループ率:50%

 

チャンス目から連続演出に発展。

ボーナス確定で、ノーマルBIGをGET。

ボーナス中は、一度だけ左リールに上段に赤7をビタ押し。

この停止型で成功となり、最大獲得枚数となる。

何度でも挑戦できるため、難易度は低い。

ボーナス終了時は、様々な設定示唆画面が用意されている。

ボーナス終了後はRTのチャンスゾーン「DOKI★DOKIゾーン」に突入。

CZ中はベルを先に引けば転落、特殊リプレイを先に引けばRTに突入する。

この「狙って」のカットイン時に、白7が揃えば、RTに突入する。

見事、白7が揃ってRTに突入。

こちらはRT「エンジェルタイム」

1セット30Gで、ループ率は50%

RT終了後のCZで再度、白7が揃い50%ループに成功。

こちらはハイパーBIG。

獲得枚数が少し多く、RT突入率が80%と優遇されている。

RTループに2回成功して、RT90Gだった。

 

液晶演出は、前作のARTのツインエンジェルBREAKと同じだが、ゲーム性がシンプルでこのA-SLOTの方が、気楽に遊べた。

前作のARTでは周期抽選があり少しゲーム性が複雑で、ボーナス枚数もART純増枚数も少なく、出玉的にも不満が残るスペックだった。

本機はRT→ボーナス→RT→ボーナスのループも頻繁に発生し、意外と瞬発力がある挙動を示していた。

合成確率も軽くRTも搭載しているため、おそらく単価は非常に低く、売り上げは見込めない台だが、客滞は良いだろう。

 

ツインエンジェルのファンなら、飽きがこないスペックのため、長期的に遊んでもらえそうだ。

大型店や、このようなアニメ系機種の稼働が良いホールでは、導入しておきたい評価である。

こういうキャラなら、2スロや5スロでも活躍すると思いがちだが、スペックがA+RTで単価も安く、20スロでも安く遊べるため、2スロや5スロでは案外、稼働が伸びない傾向にあるため注意が必要である。

 

今回の実戦では、秋葉原の導入店を視察して回ってきた。

各店のA-SLOTツインエンジェルBREAKの導入台数は以下の通り。

ビッグアップル.秋葉原店 7台
http://www.p-world.co.jp/tokyo/big-apple.htm

エスパス日拓秋葉原駅前店 13台
http://www.p-world.co.jp/tokyo/espace-akb.htm

アイランド秋葉原 10台
http://www.p-world.co.jp/tokyo/island.htm

この3店ともに秋葉原ならではの大量導入である。

夜20時ごろに視察したが、出玉状況は「ビッグアップル.秋葉原店」と「エスパス日拓秋葉原駅前店」では、高設定が1~2台あるかも?というような状況だった。

「アイランド秋葉原店」は10台中8台が箱積みしており、明らかに高設定だらけのデータとなっていた。

新台初日のフル稼働の状況で、このようなノーマルA+RT機なら、設定に素直な出方となるため、高設定を使っているかどうかが、データ表示機を見れば、一目瞭然の結果であった。

このA-SLOTツインエンジェルBREAKの視察だけでも、アイランド秋葉原店の強さの一因を見た気がした。