🔒【試打評価】ダーツライブ(銀座)

ダーツライブ(銀座)納品2/3~

ダーツマシンでシェアNO1の「ダーツライブ」がスロットになって登場することとなった。

ダーツとスロットとの相性は、どうなのか、試打してきた。

 

<ボーナス>
■BIG:300枚
■REG:100枚

 

<確率&出玉率>
■BIG確率
設定①:1/299
設定②:1/297
設定⑤:1/287
設定⑥:1/278

■REG確率
設定①:1/392
設定②:1/364
設定⑤:1/317
設定⑥:1/280

■ボーナス合算確率
設定①:1/170
設定②:1/163
設定⑤:1/151
設定⑥:1/139

■出玉率
設定①:97.7%
設定②:99.7%
設定⑤:103.0%
設定⑥:106.0%

 

<通常時>
ベース:34.5G/50枚

 

<RT>
現状維持タイプ

RTは、25G、50G、次回までの3種類

ボーナス終了後、5GのRTチャンスゾーンに突入
(BIG後期待度:約50%、REG後期待度:約20%)

センターラインに出現したBULL図柄の数に応じて、RTのG数が決まる
BULL図柄×1:RT25G
BULL図柄×2:RT50G
BULL図柄×3:次回ボーナスまで

 

<試打評価>
筐体は液晶非搭載だが、リール窓が枠上の上段ラインまで見えるほど広く開口している。

枠上の横一直線揃いのチャンス役も有効となっており、見た目上の有効ラインは6ラインとなっていた。

赤7図柄、BAR図柄は、各リールに多数存在し、通常時もボーナスを揃える際も、フリー打ちでOKの誰でも簡単に遊べる配列になっている。

*ここから先は有料会員様のみ閲覧できます。

これより先は、有料会員の方のみご覧いただく事が出来ます。
すでに会員の方→ログイン
会員登録がまだの方→新規登録