🔒 撤去予定台を有効活用することで今後2年の集客が変わる。

 

先日、当研究所で、新台入替日に新台以外の機種に期待感を持たせる設定配分手法を紹介した。

それは新台入替初日に常連のお客様の並びが増える手法だった。

 

本日は、新台入替直前に撤去する予定の台を、出し込む戦略について考察したい。

 

撤去台は稼働が弱く不人気だから撤去されるわけであり、その撤去予定台に高設定を投入して出すことは「意味がない無駄出し」と思われがちである。

ここ数年はその通りで、不人気の撤去台に高設定を使っても、打たない、気づかない、意味がない状況だった。

しかし、今後2年間は、この撤去台に高設定を使うことが、別の意味を持ち、集客手段のひとつとなってくるだろう。

*ここから先は有料会員様のみ閲覧できます。

 

これより先は、有料会員の方のみご覧いただく事が出来ます。
すでに会員の方→ログイン
会員登録がまだの方→新規登録