🔒【新台初日】Sバジリスク絆2 最速ホール実戦

 

いよいよ本日より、話題の最新台「バジリスク絆2」が全国ホールに導入された。

その「バジリスク絆2」の実力を確かめに、朝イチからホールに並んで実戦してきた。

 

そのホールではいつもの約3倍の並び人数だったが、運よく抽選で一桁番号を引いて、何とか朝イチから台を確保することができた。

導入台数が多いホールではなかったが、バジリスク絆の集客力の凄さを垣間見る並び人数だった。

 

■BC確率
設定①:1/139.4
設定②:1/132.8
設定③:1/134.1
設定④:1/128.1
設定⑤:1/125.4
設定⑥:1/110.2

■BT確率
設定①:1/525.6
設定②:1/453.3
設定③:1/457.7
設定④:1/371.4
設定⑤:1/370.9
設定⑥:1/235.7

■出玉率
設定①:97.4%
設定②:98.6%
設定③:102.0%
設定④:106.1%
設定⑤:110.1%
設定⑥:112.9%

ベース:49.5G/50枚
コイン単価:2.3円(設定1)
天井①:800Gで同色BC確定
天井②:BC7スルー後のBCでBT確定

純増2.9枚/G

■バジリスクチャンス(BC)
1セット:20G
通常時のBCは純増1.3枚/G
AT中のBCは純増2.9枚/G
同色BCはBT期待度50%以上

■エピソードBC(上位BC)
30G継続
同色BCの一部で突入
BT&絆高確確定

■プレミアムBC
白BAR揃い
30G継続
絆モード+高継続AT確定
確率:約1/20万?

■バジリスクタイム(BT)
追想の刻+争忍の刻で構成
1セット計46G~
継続率×セットストック

■朧チャンス(絆玉高確率状)
継続G数 10G+α
絆玉獲得率:1/4.5
追想の刻が朧チャンスに昇格する可能性あり。

■月下閃滅(セット上乗せ特化ゾーン)
完全勝利または同色BCの一部で突入
継続G数:20G
平均上乗せ:4.8個

 

通常時はチェリーや強ベルで高確に上げて、巻物(特殊リプ)でBCに当選するのが王道ルート。

前作とその流れ、システムは変わらない。

連続演出成功でBCが確定

初BCは異色で「赤・赤・青」

前作のように頭の色による奇数設定、偶数設定の違いはあるのかは分からない。

ただ、今回の実戦では、ほとんどが赤頭だった。

BC中の演出は3タイプから選べる。

設定示唆があるため、ほとんど全員が弦之介BCを選択していた。

朧はモード示唆

天膳はBTシナリオの示唆

弦之介でBCスタート

いきなり強チェリーを引くも、BTにはつながらず。

周辺台も含めて、異色BC中は、強レア役でもBTにはほとんど当選しなかった。

弦之介BC中は、倒した敵の数が加算されていく。

1000人に到達するとBT確定。

800人超えで枠が赤色になるが、赤枠まで行けばBT当選の可能性は高い。

残念、BTならず。

その後、BC4回連続「赤・赤・青」の異色BCでスルー

6回目のBCで初めて「赤・赤・赤」の同色BCに当選

同色BCは熱い。確認できた同色BCの7~8割はBTにつながった。

BC6回目でようやく初BTに当選

「追想の刻」中のレア役では、絆高確が確定する絆玉を獲得することも。

強チェリーから絆玉を獲得。

4対4の対決で、巻物とチェリー対応の絆高確に

しかし、レア役を引けないまま最終対決へ

初めてのBTは単発で212枚獲得。

次に引いたBCも同色BC

そしてまさかの設定示唆 333人撃破 が出現

これで設定3以上が確定した。

 

もちろんBTに当選。やはり同色BCは熱い。

またしても単発で終了、153枚獲得。

 

 

次に引いたBCは上位の「エピソードBC」だった。

エピソードBCは、BT確定+絆高確

途中、BCを2回引いて、5戦目で敗北、666枚獲得。

この666枚は偶然のゾロ目で、特に設定示唆ではない。。。

 

その後、3連続で異色BCのスルーを経て

  

4回目の同色BCから、BTに突入。

今度は2連で250枚。

 

2回異色BCをスルーして3回目の異色BCがBTに突入。

これが伸びて、エンディングまで到達。

途中、絆玉の特化ゾーンである「朧チャンス」も引いた。

この12戦をクリアした段階で、エンディングが確定。

この後のセットは、継続率は0%で、残っていたストックやBC当選など自力で継続させていく。

継続できなかった場合は即エンディングへ移行するため、2000枚以下でもエンディングで終了してしまうことも。

エピソードBCも引いた。

そして、19戦目の途中に、いきなりエンディングへ移行

獲得枚数が2230枚を超えると、強制的にエンディングに移行するようだ。

初打ちで運よく、エンディングを体験できた。

総投資16000円、約2400枚獲得で実戦を終えた。

BTは全部で5回

単発、単発、5連、2連、19連(エンディング)だった。

 

BT中のBCも含めた全BCの内訳は以下の通り

異色BC(赤赤青):18回
異色BC(青青赤):4回
同色BC(赤赤赤):5回
同色BC(青青青):1回

圧倒的に赤頭の比率が高く、前作と同じ示唆内容なら、完全に偶数設定だろう。

「設定3以上の示唆があって偶数設定で、設定6ではない」となれば設定4なのだろうが、正解は果たして。。。

 

 

*ここから先は有料会員様のみ閲覧できます。実戦の感想と評価を解説しています。

これより先は、有料会員の方のみご覧いただく事が出来ます。
すでに会員の方→ログイン
会員登録がまだの方→新規登録