🔒「いろはに愛姫」を増台して14台設置 ホール視察

 

今週、東京都の秋葉原にある「ビッグアップル.秋葉原店」が、20円スロットでいろはに愛姫を6台→14台に増台した。

いろはに愛姫は、全国データでも毎日の平均稼働が20,000枚を切らないほどの人気だが、出率は102%超で台粗利で7000円以上の赤字を記録している。

東京都内の分岐割は11.2割だが、いろはに愛姫は、それでも確実に毎日赤字となるほどの甘さを見せている。

 

そんな「いろはに愛姫」を思い切って増台したホール状況が、どのようになっているのか、本日、視察してきた。

 

近隣の競合店「エスパス日拓秋葉原駅前店」では、いろはに愛姫を6台設置しているが、6台すべて5円スロットへ移動済みで、その客付きの様子も合わせて視察した。

いろはに愛姫の5円スロットと20円スロットの違いを確認することができた。

 

また、高稼働だが、赤字確定の「いろはに愛姫」を設置すべきかどうかについても解説する。

 

↑ いろはに愛姫を14台に増台した「ビッグアップル.秋葉原店」

 

*ここから先は有料会員様のみ閲覧できます。

これより先は、有料会員の方のみご覧いただく事が出来ます。
すでに会員の方→ログイン
会員登録がまだの方→新規登録