🔒【高稼働ホール】ハイパージアス立川 視察 1000台クラス3つ巴商圏 東京都

 

東京都立川市の立川駅前商圏を視察してきた。

JR立川駅は、中央本線、青梅線、南武線の3路線が乗り入れて、乗車人員が約17万人を誇る大規模駅で、その駅前の歩道橋直結で3つの1000台クラスのメガホールが競合している。

「ハイパージアス立川」「P-PORT PREGO立川店」「Super D’station立川店」で、各店ともに3フロア構成となっており、うち2店舗はフロア別分煙で、スロットフロアを加熱式タバコが吸えるフロアとしている。

3店舗のなかでも稼働率は「ハイパージアス立川」が圧倒的に強く、関東でも屈指の稼働率を誇っている。

特に「ハイパージアス立川」の4円パチンコが強く、コロナ禍のなか稼働が激減した海物語シリーズでさえ高稼働をしている状況であり、見応えある視察となった。

 

立川駅前は、駅出入り口が歩道橋の上のロータリーになっている。

人通りも多く、駅出口から各店舗には3階、2階からメインで出入りする構造となっている。

↑ ハイパージアス立川

↑ P-PORT PREGO立川店

↑ Super D’station立川店

 

*ここから先は有料会員様のみ閲覧できます。

これより先は、有料会員の方のみご覧いただく事が出来ます。
すでに会員の方→ログイン
会員登録がまだの方→新規登録