🔒 凱旋撤去後に押忍!番長3を主軸とした営業 新宿アラジン ホール視察

 

東京都では「ミリオンゴッド神々の凱旋」が撤去され1週間が経過した。

東京都新宿区にある高稼働店「新宿アラジン」では、ミリオンゴッド神々の凱旋を33台撤去して、その代わりにアナザーゴッドポセイドンが12台とバラエティーコーナーに中古台が多数、新台ではモンスターハンターワールドが13台と七つの大罪が7台導入された。

全国のホールで凱旋が撤去された後に、凱旋ユーザーはパチンコを含め様々な機種に流れていったが、今のところ最も恩恵を受けているのは「押忍!番長3」だと思われる。

「新宿アラジン」では、その押忍!番長3を42台設置して、看板機として据えており、その動向も確認してきた。

また、押忍!番長3と同じ大都の機種「政宗」「吉宗」「押忍!サラリーマン番長2」「HEY!鏡」「剛衛門」も同じような演出とキャラクターで、大都好き客層の回遊性が高く、押忍!番長3+αの要素として併用できるのかも意識して、視察してきた。

 

↑ 出玉への信頼度が高い名店「新宿アラジン」

視察したのは11月25日の午後 平常営業の平日

パチンコ:138名/410台
スロット:177名/421台
計315名/831台(38%)

*ここから先は有料会員様のみ閲覧できます。

これより先は、有料会員の方のみご覧いただく事が出来ます。
すでに会員の方→ログイン
会員登録がまだの方→新規登録