🔒【新台実戦】Sどんだけ ノーマルAタイプのプライベートブランド機

 

東京、神奈川、埼玉、千葉の首都圏に「UNO」「DUO」「ZORON」などを展開する東和産業株式会社が、自社のオリジナル機「Sどんだけ」を新台として導入している。

キノコがモチーフのUNOグループのオリジナルキャラクター「どんだけ」を主役とした6号機の液晶非搭載の完全告知ノーマルAタイプが「Sどんだけ」だ。

メーカーはJPSでゲーム性はジャグラーそのもの。

 

 

 

本機の詳細スペックは公表されておらず、ボーナス枚数と一部確率のみが判明している。

BIG:252枚
REG:72枚

設定は3段階

BIG確率:1/259~1/270
REG確率:1/255~1/400
合算確率:1/129~1/161

ベースも出玉率も非公開となっている。

「Sどんだけ」はジャグラーをオマージュした完全告知機

どんだけランプが点灯すれば、ボーナスが確定。

メイン小役はブドウで払い出しが8枚という点も、6号機のSアイムジャグラーEXと同じだ。

通常時は左リールのチェリーのみフォローして消化する。

ランプが光れば、ボーナス成立。

こちらはREGボーナス。

REGボーナスの枚数はジャグラーと比べ、72枚と少ない。

レバーONの先告知もあり。

どんだけランプ点灯時はジャグラーの「ガコッ」と尾同じような効果音がなる。

本機では先告知時も効果音が鳴るため、ビックリした。

こちらはBIGボーナス。BIGもREGも同時に目押しで狙うことができる点もジャグラーと同じだ。

BIG3回、REG2回を引いて持ちメダルを飲ませて実戦を終えた。

 

*ここから先は有料会員様のみ閲覧できます。

これより先は、有料会員の方のみご覧いただく事が出来ます。
すでに会員の方→ログイン
会員登録がまだの方→新規登録