🔒 高単価のシンプルな連チャン機をどう活かすか。S南国育ち30を例に。

 

いよいよ5号機の沖ドキの撤去が全国的に行われる。

沖ドキの代替えとなる機種として「沖ドキトロピカル」を保有しているなら、それが第一候補となるが、それ以外では「S沖ドキ2-30」「S南国育ち30」「ニューハナハナゴールド30」が代替え候補となるだろうか。

 

6号機のその中でも「S南国育ち30」には注目している。

S南国育ち30は、ベースが36.1Gと低く、コイン単価が3.7円~4.1円あり、蝶々が飛べば期待値1300枚という6号機とは思えない高単価連チャン機となっている。

S南国育ちや、沖ドキのような高単価で液晶も無いシンプルな連チャン機は、導入当初の運用、設定配分が非常に重要となる。

 

*ここから先は有料会員様のみ閲覧できます。

これより先は、有料会員の方のみご覧いただく事が出来ます。
すでに会員の方→ログイン
会員登録がまだの方→新規登録