🔒【新台初日】S北斗の拳宿命 ホール実戦

 

本日、全国ホールで導入が始まった「S北斗の拳宿命」は6.1号機で低ベース×直ATという期待のスペックとなっている。

早速、導入初日の本日、朝イチからホールに並んで実戦してきた。

 

■AT初当たり確率
設定①:1/340
設定②:1/335
設定③:1/315
設定④:1/283
設定⑤:1/243
設定⑥:1/194

■出玉率
設定①:98.0%
設定②:99.1%
設定③:100.7%
設定④:104.3%
設定⑤:109.0%
設定⑥:111.1%

ベース:35.8G/50枚
コイン単価:3.0円
天井:800G

通常時のステージは4種類
①荒野
②廃墟
③修練場
④北斗練気闘座
③④は高確率状態の期待度高

トキ図柄2つ停止・トキ図柄揃い・チャンス目成立で北斗カウンターが点灯(32G)
高確率時に北斗カウンター点灯で、AT直撃またはCZ突入が確定。
低確率時に北斗カウンター点灯でも、40%がAT直撃またはCZ突入。

■宿命の道(CZ)
20G継続の自力CZ
期待度:50%

■七星チャンス
レア役などで星を獲得して7つ貯まるとCZまたはATを抽選。

AT純増2.8枚/G
セット継続×G数上乗せ×枚数上乗せ×Vストック

■バトルボーナス伝承(青7揃い)
セット継続タイプのAT
1セット15G or 30G+α+4G
平均獲得枚数:400枚
激闘ステージ:勝率80%以上
闘神ステージ:勝利確定&Vストックのチャンス

■バトルボーナス拳王(赤7揃い)
枚数管理タイプ
初期枚数:150枚以上
平均獲得枚数:650枚

■覇者MODE
枚数上乗せ特化ゾーン
1セット7G継続のST方式
継続率:約66%

■世紀末覇者MODE
枚数上乗せ特化ゾーン
1セット7GのST方式
継続率:約80%

■拳王バトル
枚数上乗せ特化ゾーン
1バトル2~5G
継続率:約50%

■バトルボーナスTURBO
伝承:初期G数が30G固定、期待値1500枚
拳王:上乗せレベル転落なし、期待値2000枚

 

通常時は中段ベル揃いの一部やレア役で液晶右の七星カウンターがひとつ点灯する。

↑ 星の色は、チャンス抽選時の期待度となる。

通常時に発生する押し順はベースを下げるためのもので、無視するとペナルティがある。

通常時は中押し推奨。中押しが成立役を最も簡単に見分けることができる。

本機にはチェリーがなく、トキ絵柄が1つで弱チェリー扱いの「1トキ」、トキ絵柄2つで強チェリー扱いの「2トキ」となる。

↑ 2トキで32G間のカウントダウンが発生。

バトルに発展。

残念、敗北。この敗北の後に前兆ゾーンの「宿命の道」に突入するパターンが多い。

 

1トキから前兆の宿命の道に突入。

「宿命の道」中は、2トキ、1トキが頻繁に出現するが、疑似遊技でレア役高確のようになっている。

熱いPUSHボタンとして発生する筐体上部のボタン演出。

初当たりは投資7000円目

ATが確定した。

青7か赤7か、中リールを狙え演出が発生して判定される。

青7ボーナスがスタート。

1セット15Gまたは30Gで、G数消化後にバトルパートに移行する。

対戦相手は、この時はサウザー。

毎ゲーム、ダメージを与える抽選が行われ、ライフゲージは無いが、少しずつ体力を削っていくイメージ。

1セット30G継続なら、15Gよりも体力を削ることができて勝ちやすい。

AT中は、中リールにボーナス絵柄「炸裂目」を狙う演出が多発する。

狙えが発生すればほとんどが炸裂目が停止するが、たまに外れる。

炸裂目は強攻撃で、相手にダメージを与える。

炸裂目が停止すると、拳力UPで次の攻撃が強攻撃に。

攻撃を加え続けると、「激闘」にステージアップすることも。

「激闘」にアップすれば勝利期待度が高まっていることになるが敗北することもある。

「激闘」の上位の「闘神」までアップすれば、勝利が確定する。

あっさり敗北。単発で130枚。

AT終了後は今回の実戦では、全てのAT終了後に有利区間がリセットされた。

 

その次の当選は305G目

 

再度、1戦目がサウザー。

またしても、あっさり終了。しかも62枚だけの獲得枚数に。。。

 

次の当たりは211G目

またしても青7。

青7:赤7=8:2 とのこと。

1戦目が、ジャギ。今度は勝てそう。

途中、無想転生からG数上乗せが発生。

AtはG数が伸びれば伸びるほど勝利しやすいため、上乗せは嬉しい。

見事勝利で次セットへ。

 

ここから、どんどん連チャンが伸びていく。

お馴染みの復活演出「ケ~ン!」もあり。

途中、Vストックを獲得する場面も。

結局、11セット目のシンに敗れることに。

11セットで887枚の獲得だった。

 

その次の当たりは536G

またしても青7だったが、これは7連して608枚の獲得となった。

198G  1連  130枚
305G  1連    62枚
211G 11連  887枚
536G   7連   608枚

このAT後、高確率状態の転落を確認して、実戦を終えた。

AT初当たり確率は約1/320、1回の平均獲得枚数は421枚とほぼ平均値だった。

 

*ここから先は有料会員様のみ閲覧できます。

これより先は、有料会員の方のみご覧いただく事が出来ます。
すでに会員の方→ログイン
会員登録がまだの方→新規登録