🔒 撤去期限の再延長について確認しておきたいチェックポイント

 

昨日5月7日、パチンコ・パチスロ産業21世紀会は旧規則機の撤去期限を定めた「パチンコ・パチスロ産業21世紀会(5月20日)決議内容」の一部改正について議決し、会員団体に文書で通知された。

その内容は以下の通り

 

パチンコ・パチスロ産業21世紀会(5月20日)決議内容

◎ は改正項目

2020年5月の規則改正の施行日以降2020年12月31日までに当初(規則改正前) 検定切れ、認定切れとなることとなっていた遊技機の取扱いは以下のとおりとする。

● 高射幸性回胴式遊技機については、それぞれ当初の検定切れ、認定切れの日付までに撤去するものとする。

◎ ぱちんこ遊技機の羽根モノ、ちょいパチ、甘デジ(TS100未満) 及び回胴式遊技機のノーマルAタイプは、当初の検定切れ、認定切れの日付から1年以内に順次撤去を行う。

● 上記以外の遊技機については、2020年12月31日までに撤去することとし、2020年5月20日時点の当該遊技機設置台数の15%を目途に毎月撤去を行う。

 

当初2021年1月1日以降に検定切れ、認定切れとなることとなっていた遊技機の取扱いは以下のとおりとする。

● 高射幸性回胴式遊技機については、それぞれ当初の検定切れ、認定切れの日付までに撤去するものとする。

◎ 上記以外の遊技機については、当初の検定切れ、認定切れの日付から1年以内に撤去することとし、「新目標 新規則機設置比率(PC/PS合算)」を目途に毎月撤去を行う。

 

【新目標 新規則機設置比率( PC/PS 合算)】
2021年5月末「65%」、6月末「70%」、7月末「75%」、9月「80%」、10月末「85%」、11月末「90%」、12月末「95%」、2022 年1月末「100%」

これらの遊技機の計画的な撤去を推進するために、新旧遊技機設置比率明細書を遊技機入替の都度担当所轄警察署へ提出することとする。

 

この内容を表にしたものが以下だ。

撤去期限(別紙2)

 

主な延長内容は

・当初の設置期限が2021年11月30日だったものが、2022年1月31日に延長。

・パチンコの羽根モノ、ちょいパチ、甘デジ(TS100未満) スロットのノーマルAタイプで、当初210日の延長だったものが1年間に延長。

というものだ。

これによって、押忍!番長3やCR真・北斗無双などの人気の旧規則機が2か月延命され、6月~7月にかけて撤去予定だったゴーゴージャグラーやマイジャグラーⅣなどが5カ月延命された。

 


 

本日は、この旧規則機の撤去期限延長を受けて、現段階での疑問点や今後の予測など、気になる以下のチェックポイントを解説したい。

① 高射幸性機は?沖ドキは?
② 5月~7月に撤去予定だったノーマルAタイプで設置期限が伸びた機種は?
③ 延長によって復活導入できる旧規則機はあるのか?
④ 新規則機設置比率の新目標に効力はあるのか?

⑤ 2022年1月31日を超えて設置できる旧規則機はあるのか?
⑥ 中古機の価格に影響はあるか?
⑦ 今後SアイムジャグラーEX購入時にメーカーに返却予定だった5号機ジャグラーはどうなるのか?
⑧ 今年の年末にグランドオープンを予定していたホールへの影響は?

 

*ここから先は有料会員様のみ閲覧できます。

これより先は、有料会員の方のみご覧いただく事が出来ます。
すでに会員の方→ログイン
会員登録がまだの方→新規登録