【パチンコの新台】Pベルセルク無双 小当たりRUSHを実戦

 

先週登場したニューギンのパチンコの新台「Pベルセルク無双」が初動で高稼働を記録し注目されている。

75%のRUSH突入率で、右打ち中のRUSH継続率も75%。

連チャン中はALL10ラウンド+小当たりRUSHで、右打ち中の1回の大当たり期待値が2000発を超える仕様だ。

 

■大当たり確率
低確率時:1/319
高確率時:1/45

■確変突入率:75%
■確変継続率:75%

■ヘソ大当たり時
10R確変+小当たりRUSH(7.5%)1000個
10R確変(7.5%)1000個
4R確変(60%)400個
4R通常(25%)400個

■電チュー大当たり時
10R確変+小当たりRUSH(75%)1000個
2R通常(25%)200個

■小当たり性能
小当たり確率:1/1.07
平均獲得:約1000個

 

初当たりは無双RUSH演出から

激アツのデカボタンで

無双チャージ80%に。

この無双チャージは65%まではほとんど当たらず、70%以上になると急に信頼度が上がる。

当たりそうな演出のフルコースで

555で当選。

ここまで約430回転。2万6千円を投資した。

この5図柄の段階で10R確変ではないもよう。

4R大当たりで、大当たり中に確変か通常かの判定が行われる。

大当たり中の判定で

無事に確変が確定した。

確変に突入したが、この時点ではまだ小当たりRUSHではない。

右打ち中の確変大当たりを引いて出玉を消化して、その後に初めて小当たりRUSHに突入する。

この確変中に75%の確変を引けるかどうかが重要だ。

大当たりが確定。数字での当たりは確変が確定している。

この時の当選回転数は96回転。

これが小当たりRUSH中だったら嬉しいハマリだったはずなのだが。

大当たり消化後は、小当たりRUSHに突入。

確変中の大当たり確率は1/45で、いかに大当たりを引かずにハマることができるか。

1回の小当たりで玉を1~3個拾い、平均すると純増20.8個/1回転と、小当たり性能は非常に高い。

このENDが出現すれば、大当たりが確定で、小当たりRUSHはここで終了する。

あとは、打ち出しを止めて、この後の大当たりが確変なのか通常なのかのジャッジ演出を見守る。

ちなみにこの時は、わずか8回転で大当たりして、すぐに小当たりRUSHは終了している。

ジャッジ演出は、まずはバトルする敵が決定。

その後にバトル演出で、いくつかの分岐があり、最終ジャッジが行われる。

先制攻撃で大当たり確定。

勝てば確変+小当たりRUSH、負ければ2R通常当たりのため、天と地の差がある。

確変継続率は75%、確変突入時の期待出玉は約5900発だ。

大当たりで、10R1000個の払い出し

ラウンド消化後は、小当たりRUSHへ

次は24回転で終了。1/45の引きが強くて、小当たりが伸びない。。。

そして、バトルには勝利して確変大当たり

今度の小当たりRUSHは伸びて、大当たりと合算して3000個オーバー

121回転のハマリで一気に出玉を伸ばした。

バトルに敗北して終焉となったが、まだラストチャンスがある。

最後に2R通常でも右打ちでV入賞させるが、その時に逆転で10R大当たりの可能性もあり。

逆転パターンで敗北からの復活

次の小当たりRUSHは25回転継続。

その次の小当たりRUSHは当日の最長164回転を記録。

ここまで伸びれば純増でも3000発の獲得出玉だった。

復活演出にまさかのGOGOランプ?

ニューギンだからスモモチャンか。

そして、まさか、まさかの小当たりRUSH怒涛の12連チャン

 

初当たりから14連して、23560玉の獲得。

所用時間が1時間16分なので、時速で約18600発だった。

 

通常時は、リーチの頻度が少なく、ノーマルリーチはほとんどなかった。

リーチ時には赤系のエフェクトが頻繁に出現して期待させるが、ロングリーチでもまず当たらない。

保留の色は、青でも緑でも、当選するようで、結局は強信頼度の演出が出現するかどうかに尽きる。

「無双RUSH」という%チャージのリーチの頻度は高く、熱くなるリーチだった。

7のリーチでも期待度は50%ぐらいで、一度、実際に7のリーチでもハズレた。

 

初当たりで25%の通常4R当たりを引くと、確率が薄いだけに失望も大きい。

しかし75%は確変のため、当たれば確変には、ほぼ突入するという安心感はあった。

 

初当たりで確変を引いた後の方が重要で、次に75%の確変を引けなければ小当たりRUSHを味わうことなく終わってしまう。

この初当たり確変後の小当たりRUSH引けるかどうかの時が、最もドキドキした。

 

初当たりから小当たりRUSHに直行するのが7.5%

小当たり無し確変67.5%から、さらに75%の確変を引く確率が50.625%

つまり、初当たりから小当たりRUSHに辿り着く確率は、7.5%+50.625%=約58%となっている。

 

小当たりRUSH中は、1開放で1~3玉が入賞して、1回転当たり純増20.8個あるため、非常に増加速度は速かった。

通常の大当たりラウンドよりも小当たりRUSHの方が出玉スピードが上回っている感覚だった。

確変中の大当たり確率が1/45のため、早く終了してしまうことも多い。

実戦では12回の小当たりRUSHを体験したが、その継続回転数は

8回転
24回転
121回転
25回転
164回転
45回転
131回転
80回転
45回転
18回転
19回転
25回転

という履歴になった。

平均58回転で、1/45よりハマることができた結果だった。

確変中の大当たり確率が1/45のため、大ハマリもなければ、即当たりもないイメージで、出玉は安定して1500~2500発取れ、それが75%ループするため、一撃で1万発は想像できるスペックだった。

大当たり確率が1/45と軽いため、早く小当たりRUSHが終わっても腹が立ちにくく、100回転を超える継続を見せた時は「ラッキー」と素直に思える確率で、小当たりRUSHでのストレスが少ないバランスだった。

確変突入が75%、継続も75%で、確変が継続すれば必ず小当たりRUSHも付いてくるスペックは、小当たりRUSHまで簡単にたどりつける印象で、とにかく小当たりRUSHを体感したいプレイヤーには嬉しい仕様ではないだろうか。

 

確変が終了する流れは、GANTZ極と比べると、バトルをしてジャッジ演出の分岐が何度もあり、最後も入賞させて復活するパターンもあって、敗北した場合も納得する負け方になっていた。

GANTZ極の確変突入は45%で、継続率が70%

ベルセルク無双の確変突入率は75%で、継続率も75%

こう比べると、ベルセルク無双は小当たりRUSHを気軽に体験できることが分かる。

破壊力ならGANTZ極

小当たりRUSHを味わいたいなら、ベルセルク無双の方を選択するのでないだろうか。

通常演出は個人的には、GANTZ極よりベルセルク無双の方が面白かった。

 

小当たりRUSH機を好むプレイヤーの絶対数が少ないため多台数は不要だが、小当たりRUSHの定番機として少台数で固定機になる新台だろう。