🔒 チバリヨ30、沖ハナ30、沖ドキ2-30 稼働比較 愛知県

 

30パイ機種のSチバリヨ30、S沖ハナ30は、地域によって納期や導入条件が異なり、全国平均の稼働数値を見ているだけでは、どれぐらいの実力がある機種なのか判断するのが非常に難しい。

Sチバリヨ30は、5月24日から愛知県、岐阜県、三重県に先行導入され、6月7日から全国に導入が開始され、現状では全国634店舗(P-WORLD調べ)に設置されている。

S沖ハナ30は、全国の厳選された高稼働ホールにのみ先行導入されていて、今後、一般販売でその他のホールにも導入が始まるが、現状では全国の73店舗に設置されている。

また、S沖ハナ30は4月19日から新潟県や三重県など、4月26日から東京都など、5月10日から沖縄県、6月7日から愛知県への導入と納期が1か月半にわたり、納期が遅い地域ほど30パイが強い地域になっていて、全国平均稼働の数値では読み取りにくい状況だ。

 

そこで、30パイが強い愛知県に絞って、Sチバリヨ30とS沖ハナ30の両方を導入している店舗をピックアップして、稼働状況を比較してみることにした。

 

*ここから先は有料会員様のみ閲覧できます。

これより先は、有料会員の方のみご覧いただく事が出来ます。
すでに会員の方→ログイン
会員登録がまだの方→新規登録