🔒【仮想店舗】パーラーエスサポート 2021/07/18

 

毎週日曜日に更新している仮想店舗「パーラーエスサポート」の74回目。

2022年1月末の6号機完全移行までの新台入替の流れを解説していく。

 

先週は、前週と比較すると7月7日のゾロ目が無かった分、稼働が下落することになったが、比較的、稼働は安定している状況だった。

S新ハナビに稼働な期待をして多台数を導入したホールでは、そこに空き台が目立つため雰囲気が悪くなってしまっていた。

今までに多数の6号機が登場したが、現状の稼働の中心も5号機ジャグラーと番長3など5号機のARTとなっており、Sバジリスク絆2の稼働も最近では厳しい状況となってきている。

そのような状況だが、今がスロットの底ではないかと考えている。

Sチバリヨ30のヒットによって、沖ドキのようなゲーム性が6号機でも可能だと証明され、さらに有利区間が3000Gに延長された6.2号機の登場、鉄拳デビルのように有利区間を突破していくようなゲーム性など、6号機でもゲーム性、スペックでできることが大幅に増えている。

6号機の未来は今より明るいことは確実で、最近の4円パチンコの盛り上がりも見ていると、業界内のホール間の格差は広がりそうだが、業界自体は良化していくのではないかと思わせるほどだ。

コロナ禍の終息とともに、V字回復に期待している。

パーラー★エスサポート
スロット総台数:256台
全台46枚貸し
6号機台数:131台(51.1%)

明日7月19日時点での機種構成は以下の通り

 

*ここから先は有料会員様のみ閲覧できます。

これより先は、有料会員の方のみご覧いただく事が出来ます。
すでに会員の方→ログイン
会員登録がまだの方→新規登録