🔒【今週の新台】S 東京レイブンズ ホール実戦

 

スロットでは今週の唯一の新台「東京レイブンズ」をホールにて実戦してきた。

この「東京レイブンズ」は、有利区間がリセットされCZがスタートするゲームフローのため、有利区間が足りない状況にはならず、AT完走直後にもATに再当選できる有利区間を感じさせない仕様となっている。

また、本機の全国データの速報値では、ほぼ利益がゼロという、非常に甘い結果が出ている。

なぜ、そのように甘いのかも、ホール実戦を通じて確認することができた。

■疑似ボーナス確率
設定①:1/281
設定②:1/274
設定③:1/264
設定④:1/247
設定⑤:1/231
設定⑥:1/217

■AT確率
設定①:1/649
設定②:1/629
設定③:1/595
設定④:1/542
設定⑤:1/493
設定⑥:1/456

■出玉率
設定①:97.9%
設定②:98.9%
設定③:100.5%
設定④:103.0%
設定⑤:106.0%
設定⑥:108.8%

ベース:43G/50枚
天井:500G(CZ・ボーナス・AT間)
天井到達は稀で到達時はプレミアムATの期待度大

■陰陽チャンス
有利区間がリセットされ、CZまたはATに突入

■EPISODE(CZ)
陰陽チャンスで有利区間リセット後に突入するCZ
成功すれば疑似ボーナスが確定
ボーナス期待度は約45~88%。

■泰山府君祭(上位CZ)
成功すればAT直行
AT期待度:84%

AT純増2.7枚/G

■陰陽ボーナス・祓(疑似BIG)
20G継続
AT期待度:60%

■陰陽ボーナス(疑似REG)
20G継続
AT期待度:25%

■術比べボーナス(上位疑似ボーナス)
20G継続
当選時点でAT確定
バトル勝利でプレミアムATへ
バトル敗北で通常ATへ

■闇鴉タイム(メインAT)
前半:ラウンドパート 8G×ストック数
後半:STパート 20G継続
24ラウンド到達でプレミアム闇鴉タイムに昇格
セット開始時の図柄揃いでストック数を告知
シングル揃い:ラウンドストック+1以上
ダブル揃い:ラウンドストック+2以上
V揃い:大量ストックに期待

■プレミアム闇鴉タイム(上位AT)
差枚数管理タイプ
初期枚数は上乗せで決定

 

AT突入までのメインの流れは

レア役→前兆→連続演出成功→有利区間リセット→CZ→疑似ボーナス→メインAT 

通常時は、このポイントが貯まっていくが、満タンになるには300~500Gかかる。

高確率状態にも頻繁に突入するが簡単には貯まらない。

貯まればCZとなるが、このポイントが天井ストッパーのような役割にもなっていた。

レア役から前兆演出を経て

ストーリーモード(前兆)に突入

最終の連続演出で

成功してCZが確定した。323G目だった。

この陰陽チャンス準備中は、有利区間がリセットされた直後

1~2Gで有利区間に戻り、CZに突入する。

CZは最初にストーリーの継続率を決定する。

ここでは75%

CZには分岐点が3つあり、このひとつの分岐点をクリアする確率が75%

75%を3連続で突破すれば、疑似ボーナスに当選する。

ひとつめの分岐点をクリア

2つ目の分岐点もクリア

3つ目で失敗。

失敗すると、通常時に戻る。

248GでCZに当選。

75%で失敗。

次は270GでCZに当選

85%でようやく突破。

疑似ボーナスの弱い方「陰陽ボーナス」に当選。

この疑似REGでは、AT当選率は25%しかない。

疑似ボーナスの20Gでレア役は引けず、ATには当選できず。

41GでCZ失敗

136GでCZ失敗

88GでCZ成功→疑似REG失敗

415GでCZ成功→疑似REG失敗

そして、97GでCZ成功し、ようやく疑似BIGに当選した。

投資3万7千円。ようやくメインATに当選した。

AT中はレア役などでセットストックを獲得していき、24連を目指す。

1セットが8Gでストックが無くなると、20G間のATに移行して、そこで再度ストック獲得を目指す。

ストックを獲得すると、1セット8Gのラウンドに戻る。

結局10セット目にストックが尽き

最終バトルに突入。

ここで勝利すればAT復帰だが

10セット250枚で終了。ここでギブアップ。

3万7千円の投資で250枚の回収だった。

*ここから先は有料会員様のみ閲覧できます。

これより先は、有料会員の方のみご覧いただく事が出来ます。
すでに会員の方→ログイン
会員登録がまだの方→新規登録