🔒 6号機の定番脇役機に全台456

 

今月初めに登場したスロットの新台「Sまどマギ4前後編」「Sコードギアス3」も残念ながら、ヒット機種とはならなかった。

ジャグラーや30パイ機種を除き、6号機で主力機となったものはバジリスク絆2のみである。

リゼロや北斗天昇は販売台数が伸び、瞬間的には主力機のような扱いとなったが、G数解除のゾーン狙いの横行によって短命に終わり、今ではすでに撤去してしまったホールも多い。

 

そのように6号機の低迷が続いていたが、最近になってヒット機種とまでは言えないが、定番機種として固定化できる6号機も増えてきている。

例えば、Sバイオハザード7、S頭文字D、Sガメラ、S北斗の拳宿命、SモンキーターンⅣ、Sひぐらしのなく頃に祭2などであり、今月の新台Sまどマギ4前後編、Sコードギアス3もその一角に食い込んできそうだ。




これらの機種を主力機扱いで10台以上設置しても厳しい稼働となってしまうため、あくまでも脇役の定番機として3~5台の設置が基本となるだろう。

そして、それらを脇役機として3~5台だけ設置している場合でも、設定をALL1放置で高稼働するほど、それらの機種に力はないのが実情だ。

*ここから先は有料会員様のみ閲覧できます。

これより先は、有料会員の方のみご覧いただく事が出来ます。
すでに会員の方→ログイン
会員登録がまだの方→新規登録