🔒 薄利のハナハナシリーズ と 6号機AT機

 

沖縄県、愛知県、岐阜県、三重県、新潟県では、ジャグラーの設置台数よりもハナハナの設置台数の方が多い特殊な地域となっている。

それらの地域では、ハナハナシリーズにも、年配層や女性客が付いて、一般的なジャグラーと同じような役割を果たしている。

 

それ以外の地域、例えば、東京都は30パイ機種が根付いていない地域だが、そんな都内でもハナハナシリーズが高稼働しているホールもある。

30パイが盛んな地域以外でハナハナが高稼働している場合、必ずと言ってよいほど、ハナハナを薄利で運用している。

つまり、出せば稼働するのがハナハナの特徴でもある。

 

出せば稼働する理由は「高設定域の出玉率が高い」「設定判別要素が豊富」という2点にある。

5号機の マイジャグラーⅣとプレミアムハナハナ30のスペック表を確認しておこう。

ジャグラーシリーズのなかで1番人気のマイジャグラーⅣと比較しても、ハナハナの出率の高さが際立っている。

さらに、プレミアムハナハナの場合「BIG中のスイカ確率」「ボーナス終了時のトップランプ」「REG中のサイドランプ」などで設定判別が可能だ。

そのため、高設定狙い客は、ジャグラーよりもハナハナの方が優先順位が高く、実際にハナハナを薄利運用しているホールでは高設定狙い客が付いている様子が見てとれる。

*ここから先は有料会員様のみ閲覧できます。

これより先は、有料会員の方のみご覧いただく事が出来ます。
すでに会員の方→ログイン
会員登録がまだの方→新規登録